美貌のソープ嬢、川崎に置き忘れた美体の残り香

もう10年ほど前になりますが、川崎のソープで出会ったゆかりさんが忘れられません。横浜出張の時に、得意先に連れられて、初めていったのが川崎のソープでした。
地元ではソープに行ったことはありましたが、関東の大都会、しかも川崎のソープはやはり別格でした。ソープ嬢ゆかりの気品の高さに、肉棒はぶるぶる震えながら勃起し、我慢汁がしみ出てくるのです。
正直言って、ゆかりのような美人に肉棒を癒してもらえるとは、夢にも思いませんでした。日常では絶対に手の届かない女性なのです。川崎のソープは、そんな女性との出会いを作ってくれたのです。
今でも目をつぶるとゆかりの整った顔と、肉棒を反り立たせる体が浮かんできます。そして何よりも、肉棒がゆかりの肉壺の感触を忘れることができないのです。
なんども何度もピストンしたゆかりの肉壺です。ピストンのたびにゆかりは、声をあげていました。
生涯最高の女性と出会うことが出来た川崎のソープ街。
以来、出張の機会がないのですが、肉欲を満たしてくれる川崎のソープ街をもう一度、必ず訪ねてみたいと思っています。

タグ: